家相入門 > 77.家相と庭木:庭木の適合方位

家相入門

▼八方位による吉凶禍福 庭木

77.家相と庭木:庭木の適合方位

【庭木】
庭木にもある適合方位
環境という面において、草木・樹木は人体に与える影響を考えた場合大切なものです。
草木・樹木から発生する根元的エネルギーを薬のように服する服気法といわれる技法があるという事です。
したがってどんな小さな庭であっても、土や植物から自然の気を受ける事に関しては同じです。
理想的な庭を造る事はできなくとも、小さくても自然の状態を家の敷地の片隅でもつくることで地場の精気を受けることが出来るので、可能な限り庭をつくり、植物・樹木の樹気による精気を受ける事が大切です。

庭を造る際には、建築物と土地相のバランスそれと植える樹木には注意する事が大切となります。
注意点のもう一つは、木を植えるときには穴を掘りますが、敷地内の地場を50cm以上掘る場合は必ず方位を調べ、その場所の方位に適合回座したときに植樹する事が大切です。

特に、土用の時期は「気」が転換する時期で、強力な作用があると言われているので、地場を掘削するような事は避けるのがよいとされています。

そのため、地場に穴を掘るときは、吉凶作用の影響が強く発生します。

また、樹種として一般家庭に凶とされているものには、家をおおうような大きな木、柳のように垂れ下がる木は、陰樹とされ凶木なので不向きとなります。

北の庭の植樹
大樹は吉(常緑樹)
北の冷気を防ぐ程度の、大きさの木を植える。赤い花の咲く草木は、凶。

北東の庭の植樹
このエリアにはあまり大きな樹木は植えないようにする。
大きな木は、日影を作り湿気をさらにアップさせるので、良くありません。
梅、柊、ナツメ

東の庭の植樹
桜・梅・ネムノキが吉。
椿・クコの木も良し。
白、黄色の花の咲く草木は、凶木となります。

東南の庭の植樹
桜・ナツメ・クコ・キリ・アジサイの木が吉。
真っ直ぐ伸びる木は吉、樹木の枝がはびこるのは凶。
竹・柳・ソテツは凶となります。

南の庭の植樹
高い木でなければ良し。
椿・梅・ナツメ・マキ・松・杉
白い花の咲く木は、凶となります。

南西の庭の植樹
家庭菜園や芝などの低植物や低木を吉とします。
ナツメ・モクセイ・梅・クコの木を植えるのも吉。
大木は健康運に悪い影響あり。

西の庭の植樹
クチナシ・ニレ・ナツメ・マキ・カシの木は吉、中低木は良し。
常緑樹は凶木
赤い花の咲く草木は、凶となります。

北西の庭の植樹
ニレ・柿・栗・銀杏・ハギは、吉木となります。
赤い花の咲く草木は凶となります。

樹木は陽性ですが、石は陰性となります。
したがって庭石や敷石がたくさんあるのは、凶相となりますので要注意。

96.方位に適した樹木 


家相入門:76.家相による立体相の窓位置
前へ
家相入門-家相で起こる吉凶を知る
トップ

次へ

家相入門-家相で起こる吉凶を知る 
新築・建て替え・マンション・リフォーム・間取り・プランの参考としてご利用下さい。
家相、風水