家相入門 > 78.家相による健康運気の影響について

家相入門

▼八方位による吉凶禍福 健康運気

78.家相による健康運気の影響について

【健康運気】
家相による健康面の影響は、不摂生によって発生する風邪とか、腹痛とかいった病気のことではありません。
現代医学の医療技術を持ってもなかなか解明治癒しない病気、治癒しても再発を繰り返すと言ったものです。

先天的疾患を持っていたり、体質的なものでしたら家相の影響(自然の影響)によるものとは言えませんが、なぜか自分の本命星による、持病に悪い影響を与える家相の家に住もうとします。
大変不思議な現象としかいいようがありません。

したがって、方位に欠点がある家に住むと、健康面に影響を発生しやすい、病気との関係を説明します。

1.北方位(子)
人体に影響するところは、耳、鼻、肛門、生殖器、血液
かかりやすい病気
糖尿病・腎臓病・婦人病・尿道炎・血液の病・遺伝性の病気に要注意

2.東方位(卯)
人体に影響するところは、下、足、ノド、肝臓、神経
かかりやすい病気
神経痛・胆石症・ノイローゼ・ぜんそく等の発作・けいれんを伴う病気に注意。

3.南方位(午)
人体に影響するところは、頭脳、視力、心臓、顔
かかりやすい病気
脳膜炎・神経衰弱・心臓病・眼病・視力障害・乳ガンなどに注意

4.西方位(酉)
人体に影響するところは、口、歯、肺、血液
かかりやすい病気
食中毒・歯槽膿漏・胸部疾患・血行不順・けがが多く要注意

5.北東方位(丑寅)
人体に影響するところは、腰、筋肉、関節、脾臓、肩
かかりやすい病気
腰痛・神経痛・関節炎・脾臓病・リウマチ・ガンなど要注意

6.東南方位(辰巳)
人体に影響するところは、腸、気管、食堂、神経、動脈
かかりやすい病気
肋間神経痛、気管支炎、脱腸、胆石、腸カタル、風邪を引きやすく流行性の病気に注意。

7.南西方位(未申)
人体に影響するところは、胃腸、脾臓、血液
かかりやすい病気
胃潰瘍・貧血症・慢性胃腸病・内臓が弱くなり、持病化して悩むことになるので要注意。

8.北西方位(戌亥)
人体に影響するところは、心臓、循環器、頭部、肺
かかりやすい病気
心臓病・神経過敏症・便秘・皮膚病・肺の病気に要注意。

9.中央
人体に影響するところは、心臓、肺臓、脾臓、肝臓、腎臓の五臓になります。
かかりやすい病気
脳溢血、心臓病、潰瘍、腹部の病気、ガンなどに要注意

家相入門:77.家相と庭木:庭木の適合方位
前へ
家相入門-家相で起こる吉凶を知る
トップ
79.神棚と仏壇を祀る方位について
次へ

家相入門-家相で起こる吉凶を知る 
新築・建て替え・マンション・リフォーム・間取り・プランの参考としてご利用下さい。
家相、風水