家相で家造りを考える > 家事室主婦室の家相

家事室・主婦室


家事室主婦室の家相
家事室というと家事全般のことになりますので、調理(食事)洗濯など様々な用途の部屋という事になります。

なので、台所や洗面所(洗濯)も家事室ということで良いのでしょうが、私の所へくる質問の家事室はどちらかといえば、主婦室と同じ(近い)用途がほとんどです。

洋裁(和裁)読書やパソコンなど趣味が主となる部屋です。

主婦室として適合する方位は、建物の宅心から見て南西方位となりますが部屋の中心から見て南西方位の部分を家事コーナー(主婦コーナー)とすることでもかまいません。

主婦の作業場としての用途から台所に隣接した場所に設置されることも多くなることから、宅心宅心エリアにかかる事があります。

調理に関係するような家事でなければ、この場所でもかまいません。

家計の管理の要(かなめ)となる場所でもありますので、家計簿の記帳など金銭管理を行うには良い場所です。

尚、主婦が行う副業(セカンドビジネス)については、南西エリアよりこの宅心エリア付近の方が運気としては安定します。

その場合、飲食(調理)や不浄となるような作業は避けてください。

調理がともなう家事室の場合は、台所として家相を判断することです。

あまり神経質になる必要はありませんが、主婦にとって大切な方位(裏鬼門)を適用しますので作業内容に注意してください。


家相診断・家相相談





 



トップへ戻る