家相入門 > 居住する人の家相 > 自然換気法である三支合通気について 


自然通気法(三支合通気法)と機械通気法(24時間システム換気法)について

 平成15年7月1日より建築基準法により、よくない気(建材に含まれている化 学物質)の発生、滞留を防ぐ方策として、24時間システム換気設備が規定され ました。
これは、機械による人工通気法にて、 よくない気による作用は防ぐ対処とはなりますが、 自然による良気を受ける事はできません。

人にとって大切な事は、自然換気による自然の良気を受けることです。
高気密や高断熱の人工的住宅に住み、人工的な環境のみの影響力を受けていると、 無感の人となります。 すなわち、五感が鈍化して、感性が育ちません。 この事は、将来のある幼児にとって大切な事です。

太陽の陽射、通風など自然の恵みを受ける事で、音・気配・四季の移り変わりを 感受する事が出来、 この事で、優しさ、暖かさ、他人への思いやり、創造力にあふれた感性豊かな人 が育成されます。
私は建築基準法で規定される前から、自然通気法(三支合通気法)を良い家相と する為の対処として適用しています。

☆ 宇宙の気には、律・呂の気という、相対的な2つの働きを持つ気があります。 自然は、全ての場所、事象にこの2つの作用が混在しています。 律気と呂気のバランスによって、生命の維持や運気の盛衰が常に影響を与え続け られています。

したがって、人工的、通気法のみでなく必ず自然通気法を併用する事を大切とし てください。 機械通気法の場合も、大気を取り入れる給気口は、居住者それぞれの健康運気に とって大切な方位に設置する事が大切なのです。




家相入門-家相で起こる吉凶を知る 
新築・建て替え・マンション・リフォーム・間取り・プランの参考としてご利用下さい。
家相、風水