家相入門 > 居住する人の家相 > 自然換気法である三支合通気について 


自然換気法である三支合通気について

 人にはそれぞれ最も健康運気に影響する大切な方位があります。
それが生まれ十二支による方位にて、健康方位となります。

その健康方位に良いサポートをする2つの方位があります。
必ず四正(東、西、南、北)の1つが含まれ、その四正の1つを頂点とした、三 つの方位によるトライアングルの支合通気形体が構成されます。

この三支合による通気形体を活用し、人が生命を保つ根元的エネルギーである大 気を、居住している室内に流入させ、通気によって良い居住室内環境を保ち、良い大気を服すことによって、上手に自然と共生することです。

人によって大切な方位に、この大気を流入させる、通気窓を設置することが大切 な要素となります。 そして 方位によってその窓の大きさも無論大切となります。

この事により、個人の健康運気を上昇させ、大気のバランスが保たれ、安定したものにするのが三支合通気です。
通気の良し悪しの影響は、居住者の運気に大きく作用します。

【関連ページ】
各生まれの健康に影響する方位

家相診断・家相相談の受付



家相入門-家相で起こる吉凶を知る 
新築・建て替え・マンション・リフォーム・間取り・プランの参考としてご利用下さい。