家相入門 > 家相間取りと吉方位ガイド >  R形状を含む建物と家相

家相間取りと吉方位家相ガイド

R形状の建物

R形状を含む建物と家相

R形状と書くと分かりにくいですが、建物の一部にカーブ(曲線)がある建物のことです。

意匠として面白いので、建物のアクセントとして取り入れる事があります

一般住宅ですと、建物の角の一部や外部に面する壁、あるいは出窓がR形状(カーブ)だったりします。

このようなR形状(カーブ)は、家相として判断すれば建物の角を欠くことになるので欠けと判断します。

欠けの大きさとしては、円弧径の大きさによって決まります。

一般住宅なら、小さな欠け相と判断する事がほとんどだと思います。

欠け相なので良いという判断はできませんが、方位、部屋の使用用途、全体のバランスで良し悪しの軽重は変わります。
R形状の建物

理屈の上では、張りとなることもありますが、診断した記憶はありません。

R形状(カーブ)が複雑に取り込まれた建物の場合、中心を確実に求めてから建物のバランス、張り欠けの判断をします。

多用した複雑な建物は、中心位置がずれてバランスが悪くなることが多く、欠けも多段欠けや斜行欠けとなることが多いので、家相の考えを大切にしたいのなら避ける事が無難となります。

建物居室内部のR形状(カーブ)については、台所、玄関、トイレなどは避けた方が無難となります。

一般居室内部はアクセント(意匠)程度であれば、大きな問題となることは少ないと思います。

建具の形状については、機能として問題がなければ影響することはありません。

※建物としての使い勝手の良し悪しについては別の考察となるので、ここでは一切考慮しておりません。





家相入門-家相で起こる吉凶を知る 
新築・建て替え・マンション・リフォーム・間取り・プランの参考としてご利用下さい。
家相、風水