家相入門 > 家相間取りと吉方位ガイド >  


家相とは?

家相とは

家相とは、今日その家に入居したからすぐに吉凶の現象が起こるといったものではありません。
家相というのはすんでいる人間に対して、良し悪しは別として長い年月にわたって少しずつ影響を与えてきます。
その吉凶は目に見えないうちに進んでいきます。 現在住んでいる家に家相として良くない点があるのなら、それはあなたに対して家からの「シグナル」だと受け止め、その内容を読み取ってみて下さい。
家相
つまり、家はあなたの願望をうつした鏡のような物であり、それは自動機械のように、良くも悪くも設計した通りに影響を発生させます。
この家相の力をうまく活用することができれば、自然と共生し、理想の家庭を、意識せずに設計(プラン)する事ができるのです。
そこに居住する人にとって幸せな家庭? ・人生を生み出すような家。
そして、あなたの幸せのために家相を良い方向に活用出来るよう設計することが家相の目的です。

1,良い家相は、住む人の心をプラス面に増強させる。
2.悪い家相は住む人の心をマイナス面に増強させるのです。

その心は、その人の性格、考えかたが作用します、その性格、考え方は生年月日によって運命づけられています 現在住んでいる家に家相的な欠陥が見つかってとしたら、それは1つの人生に対する凶の暗示だと受け止めてください。

もし家相的に問題のある家に住んでいると、長い年月の間に色々なトラブルに悩まされる事になります 。

人は、次のような2つの傾向にはっきり分かれます。
1.何も考えずとも、良い方位(良い物件)を自然と選んでしまう人。
2.悪い方位(悪い物件)を、自らの意志、周りからの圧力で、選んでしまう人。 に分かれます。
最初の方を、「運の良い人」といい。 後者の方を、「運の悪い人」といいます。

運の悪い方も方法によってはその影響を少なくする事はできます。
ただ断言はしません、できない場合もあるからです。  
ほとんどの方にとって、建築の購入は人生の中で最大級の買い物です、

このメールマガジンに書かれている内容は、 -の内容を補完しています。
毎週発行していますので、きっとあなたのプランづくり設計のお役に立てると思います。

次の事を説明していきたいと思っています。  
台所(キッチン)・便所・洗面室・浴室などの水廻り、居間・洋間・客間や子供部屋・主寝室・地下室など。
庭・床の間・仏壇・神棚・納戸・押入、階段・車庫、洋風水廻、和風水廻、について。
温水器・給湯器・床下暖房や吹き抜け などの建築の間取り(プラン)を考えるときに参考になるような事。
一部は【家相入門】内でも説明していますのでご覧下さい。



家相入門-家相で起こる吉凶を知る 
新築・建て替え・マンション・リフォーム・間取り・プランの参考としてご利用下さい。
家相、風水