家相入門 > 家相間取りと吉方位ガイド >  家相の間取りを作る時のポイント

家相間取りと吉方位家相ガイド

家相の間取りを作る時のポイント

家相の考えを大切にした間取りづくり

家相の考えを大切にして間取りを作成したいと考えても、住宅事情から難しい事 が多くあります。

これから説明する方法が必ずしも良いというわけではありませんが、70点から 80点の間取り作成方法として参考として下さい。

最初に、張り欠け、玄関、トイレ、台所 などの基本となる三備の家相が良相と なるようプランの検討をして下さい。

浴室、階段やその他の用途の部屋も良相に超した事はありませんが、優先順位と して上記の用途から計画して下さい。

階段の配置については建物の宅心を外れていれば無難とし、宅心エリアにかかっ ていたとしても、上り口が凶相でなければ良しとします。

一般居室(居間・主寝室・子供部屋・老人室)などは、配置方位による影響は少ない ので、それ程神経質になる必要はありません。

対立相や孤立相の問題はありますが、二階建て40坪程度の住宅で懸念となる事は 少ないと思います。

ある程度間取りが決まったら、居住予定者の大切な方位を確認してゆきます。

人はそれぞれ大切な方位を2つ持っています。
1つは一般運気、もう一つは健康運気となります。

張り欠け、玄関、トイレ、台所等が良相であれば、基本的に問題が発生する事は ないと考えて良いのですが、入居後よくない事があるようならこの方位の用途に 問題がある可能性があります。

この2つの方位については、こちらに詳しくまとめてあるので参考として下さい。

家相の覚書・土地相入門

入居方位と時期が吉となるよう計画する事も大切となります。
マンションや建て売り住宅についても、チェックするポイントは同じとなります。

マンションを選ぶ為の評価分析レポート





家相入門-家相で起こる吉凶を知る 
新築・建て替え・マンション・リフォーム・間取り・プランの参考としてご利用下さい。
家相、風水