家相入門 > 家相間取りと吉方位ガイド >  土地に関する質問と回答

家相間取りと吉方位家相ガイド

土地に関するFAQ

土地に関する良くある質問と回答

土地、土地相に関する質問が多くなってきています。

最も多い質問は、墓地、斎場、河川(水路)、旗形状の土地となります。

様々な条件が重なるので良し悪しの判断が難しくなりますが、シンプルに判断す る事が大切です。


質問
年内に新居をと考えて、現在土地を探している者です。
自分なりに色々と資料を 読んで、家相的にもなるべく良い土地をとは思っているのですが、いざ探してみ ると思いの外、お寺や神社、川などの障害となる物が多く途方に暮れている所で す。

現在候補に上がっている物件の一つが北に300メートル・西に250メートルの所に 川があり(同じ川なのですが分岐している為) 他の条件は申し分無いのですが躊躇しています。(少し高台に位置するので水害の 心配は無いと思うのですが・・・)

もう一つの物件は南西方向250メートルに墓地、北東方向450メートルに斎場があ り、こちらも躊躇しています。そこで質問なのですが、近くにあると良くないと される物からは、どのぐらいの距離を取れば差し障りが無いものなのでしょうか。 単純に数字で表せる物でもないとは思いますが、だいたいで結構ですのでご回答 のほどよろしくお願いいたします・・・・。

回答
文面を読む限りでは、河川が近くにある土地の方は、昔はもう少し川が近くにあ って次第に現在の位置に移動したように感じます。
その土地が川の上流域・下流域のどちらにあるかによっても良し悪しの判断は違 ってきます。

川が若干近いように感じますが、上流域の土地で、地盤に問題が無く、仮に洪水 が起きた時も浮島のように水が避けるような高台の土地であれば検討してもよい と思います。

次に斎場・墓地が250メートルから450メートルある土地ですが、日常生活する中 で斎場の車や2階から墓地が直接見えなければ、隣接しているわけではないので家 相の影響としては小さいと思います。

墓地や斎場は、気になり出すとジワジワと心を蝕んでゆきますので、見えない事 が大切です。
この事を十分注意して土地の検討をしてみて下さい。


この河川に関する部分の回答では、
土地が高台にあり洪水の心配が無いだろうと言うことなので、 このように判断しています。

何度もこのメルマガでも書いていますが、 古くからある墓地は現状より大きいことが多く、 隣接している土地は過去に墓地だった可能性が有るため、 隣接していなくても避けた方が良いと判断することがあります。

この質問では250メートルか450メートル離れているようなので、 日常生活で視線に入ることがなければ懸念無しと判断しています。

古い寺院も4km四方とか10km四方などと、 とんでもなく大きい事がありますが、 何百年も昔のことであれば、致し方なしとして良しと判断することもあります。





家相入門-家相で起こる吉凶を知る 
新築・建て替え・マンション・リフォーム・間取り・プランの参考としてご利用下さい。
家相、風水