家相入門 > 家相間取りと吉方位ガイド > 子供の健康にも作用する大切な家相 


子供の健康にも作用する大切な家相

 子供の病気の原因には、先天的なものと、環境や外部要因による後天的なものがあると思います。
同じ病気が慢性化したり、けがや事故を起こす子供は、家相による原因が多いようです。

子供の成長に、災いをもたらすものとして考えられるのは、火気と水気です。

1.トイレ、キッチン、浴室の水回り、
2.火気の方位の張り欠け、
3.浄化槽の設置位置が、どの方位にあるかによってです。

 このような「注意すべきもの」が、子供の生まれ星の方位にありますと、病弱な子供になりやすいので注意しましょう。

子供の生まれ星(九星、十二支)の大切な方位

★「注意すべきもの」でこの位置をおかしてはいけない。

東の方位 : 三碧木星 :卯年生まれの子供

西の方位 : 七赤金星 :酉年生まれの子供

南の方位 : 九紫火星 :午年生まれの子供

北の方位 : 一白水星 :子年生まれの子供

北東の方位: 八白土星 :丑年、寅年生まれの子供

東南の方位: 四緑木星 :辰年、巳年生まれの子供

北西の方位: 六白金星 :戌年、亥年生まれの子供

南西の方位: 二黒土星 :羊年、申年生まれの子供

家の中心 : 五黄土星 :戌年、巳年生まれの子供

 子供の生まれ星によって、それぞれ凶の方位が異なりますから、家族全員が吉相になるようにするには大変です。
その場合は、大人より子供の方位が影響を受けやすいので、子供の方を注意することです。

 そしてどうしても吉方位が取れない場合は、十二支の生まれ星の方位だけは大切にし、「注意すべきもの」は設置しないようにしてください。
十二支の方位影響による凶現象が、強く発生します。
また
 家の中心に「注意すべきもの」を設置することは、家族の各人に凶の影響が作用しますので、要注意です。



家相入門-家相で起こる吉凶を知る 
新築・建て替え・マンション・リフォーム・間取り・プランの参考としてご利用下さい。
家相、風水