家相入門 > 家相間取りと吉方位ガイド > 表札について考える 


表札について考える

表札について

表札は家の外部から見て、開口建具(ドア、引き違い戸)の右側で、高過ぎず低過ぎずを良しとし、目線より少し上の一間(1.8M)程度を目安とする。
この事は、家の中から見た場合は表札が、左サイドに位置することになります。

 左サイドというのは、陽(プラスの気・火足(ひたり))の影響を受けて、発展していくという方位であり、右サイドは、陰(マイナスの気・水極(みき))の影響で衰退していくという方意があります。
方位学の判断では、全て左は陽,右は陰とします。
 したがって、ドアの場合の吊り元は、家の外部から見て左サイドとなります。
また、入口の中央に表札をかける事も良くありません。

 家長を中心とした家族が、世間(社会)と問題無く交流するためには、左サイドが重要だということになります。
尚、玄関戸が引き違いの場合の門・表札についても、同じ判断となります。

 門・表札素材に関しては、設置方位、門構築素材により判断することが大切です
玄関表札は、長方形が基本形体となり、自然の素材特に木気を良しとする。
人工素材である、プラスティック製品とか石質の表札は、家相的には良くありません。
つまり家相では、自然の環境に順応調和することが大切で、自然木を素材とすることです。

 玄関表札の書き方は、姓だけ、家長の姓名、家長と家族の名を順に書いたものと色々ありますが、どの書き方をしても影響の発生はありません
なお、家族順の縦書きの場合は、向かって右側より、主人、妻、長男、長女という順に、左にすすめて書いていくことになります。
 来訪者がまず目にするところでもありますので、明るく清らかな感じをあたるよう心掛けてください。

関連項目:表札について




家相入門-家相で起こる吉凶を知る 
新築・建て替え・マンション・リフォーム・間取り・プランの参考としてご利用下さい。
家相、風水