家相入門 > 家相間取りと吉方位ガイド > 地下室について 


地下室について

地下室について

住宅密集地では、遮音・防音などの問題から、オーディオルーム・ホームシアター・ピアノレッスン室などを設けるようになりました。
また、都市部では駐車場の確保のための車庫を設置することもあります。

家相の基本からすれば、地下室に居住スペースや車庫などがあるのは、衰気となります。
半地下についても同様のことです。
地下に居住するということは、磁場の影響を必要以上に受けすぎるため、腐敗と衰退の気を生むことになるからです。

これらいずれのスペースも、建物の一部を掘り、地下構造とするのではなく、
建面すべてを掘り下げる構造が大切な要素となります。
磁場のエネルギーをバランス良く吸収するためです。

自然との調和バランスが大切で、バランスが崩れた場合には、健康運気に様々な影響が発生します。
地下から受ける作用で最も影響が発生するのが、病気であり、磁場のエネルギーを受けすぎると腐敗が発生し健康面に悪い影響を与えます。

必要上設置する場合には、必ずドライエリアを設け、陽射、通気を取り入れるように工夫することが大切です。
こと地下室に関しては、日本と西欧を同様に考えないことが大切です。
日本は高温多湿で、湿度による影響が発生しますが、西欧の場合は空気が乾燥していて、湿度も比較的少なく、湿気による影響もバランス良く吸収するスペースとなり得るわけです。
地下室を設ける場合には、自然環境による影響を良く理解しておくことが大切です。



家相入門-家相で起こる吉凶を知る 
新築・建て替え・マンション・リフォーム・間取り・プランの参考としてご利用下さい。
家相、風水