家相風水・家相入門> 家相間取りと吉方位ガイド > 中小企業の方の家相


職業別による吉相の家相

 中小企業を経営している人の吉相ガイド
企業を経営している人はいろいろの条件が充足されないとなかなか成功できません。

 現代のような社会状況が、デフレ不況の時代には特に気学方位学の応用が大切です。
事業の衰退やいろいろの失敗は経営者の自宅に家相上の欠陥があると考えてください。

 特に家の欠けとは重要な関係があります。
家の欠けは、絶対につくらないことです。

 東南、北西を張り出すことによりその方位エネルギーの祐気をうけ社会的な信用を得て、財産運に恵まれるようにすることです。
 
 経営者が企業を発展させていくための必須条件です。
そしてもう一つ自分の本命星である定位に方位の張りをつくることです。

★欠けがある場合の、企業に対するマイナス影響とは?
北方位の欠け
能力のある有能なスタッフに恵まれず企業経営が不振となる。

東方位の欠け
企業経営の中で社会状態の変化に対しての適切な判断力、決断力ができなくなる。

西方位の欠け
事業運営をしていく資金的な面でマイナスの影響がある。
銀行の融資、売り上げ回収等もスムーズにいかなくなる。

北西の欠け
スタッフの仕事に対する熱意が、マイナス方向に影響される。
そのため社会的な信用が得られなくなる。

南方位の欠け
経営者の経営方針が二転三転し企業活動にマイナスの影響を与える。
その結果として、企業収益に影響が出ることとなる。

北東、南西の方位
これは、家相上張り、欠けにしてはいけません。
特に健康面にマイナスの影響がある。



家相風水・家相入門 
新築・建て替え・マンション・リフォーム・間取り・プランの参考としてご利用下さい。
家相、風水