家相風水・家相入門> 家相間取りと吉方位ガイド > 生まれ年と家相について 二黒土星 


生まれ年と家相について 二黒土星

二黒土星

二黒土星生まれの人と家相
この星に生まれた人の二黒は大地の象を持つ南西方位が本命定位となり、大地の
影響を大きく受けることから、マンションより地上に直接居住可能な、一般住宅が恩恵を受けます。

十二支では、寅、巳、申、亥年生まれの人となります。
また、南西方位の影響が大きく運気の良し悪しにかかわってきます。

良相とするポイントは、
1.南西方位には張り形体も、欠け形体も構成しないこと。
2.大地の象意からして、中、低木の樹木の植えられた庭のある家相とする。
3.南西方位には、トイレ、浄化槽など不浄物の設置は避ける。
4.南西方位には、玄関、門の配置を避ける。

方位影響として

☆良相の場合
勤労の良い影響が作用し、忍耐の気が発生。
そのことが、仕事について良い影響が発生、健康運気、主婦運気にも良い作用あり。

★凶相の場合
勤労意欲が失われ、職業も落ち着きがなく、運勢が下降します。
主婦不在の影響が発生、病気で入院したりして、明るい家庭は失われ、家庭運も衰退していきます。

吉方位の配置方位として
1.玄関
東  − 左エリア、右エリア
東南 − 左エリア、右エリア
南  − 左エリア、右エリア
北西 − 左エリア、右エリア
玄関ドアの中心線は、正中線エリア、四隅線エリアは避ける。

2.トイレ
西  − 左エリア、右エリア
北西 − 左エリア、右エリア
北  − 左エリア、右エリア
便器排出口は必ず正中線エリア、四隅線エリアを避ける。

3.キッチン
東  − 左エリア、右エリア
東南 − 左エリア、右エリア
西  − 左エリア、右エリア
シンク及びコンロ設置方位は、正中線エリア、四隅線エリアを避ける事が大切です。

上記は、吉方位としての配置です曲解のないよう。



家相風水・家相入門 
新築・建て替え・マンション・リフォーム・間取り・プランの参考としてご利用下さい。
家相、風水