家相入門 > 家相間取りと吉方位ガイド > 生まれ年と家相について 八白土星 


生まれ年と家相について 八白土星

八白土星

八白土星生まれの人と家相
この星に生まれた人の八白は、小さなものが積み重なって大きな山となる象があ り、北東が定位となります。
この方位は、表鬼門といわれる方位にて吉相にするよりも、まず、凶相とならな いようにする事です。
そして、
一年の終わりである節分と、一年の始めである立春の時期に当たるため、 変化の星と言われています。
したがって、
家相では変化をもたらす方位用途となるので、それだけに十分な注 意をする事です。

十二支では、寅・巳・申・亥生まれの人となります。

☆良相とするポイント
1.この方位エリアは、張りの形体を構成しない事です。 そして、可能な限り閉塞壁を設置する事で、変化の影響を防ぐ事。

2.トイレ(便器)、キッチン(シンク・コンロ)をこの方位には設置しない事。

3.玄関、勝手口など開放となるドアの設置はさける。 そして、常に清潔でよい環境を保つ事が大切な方位となります。

☆方位影響として
吉相の場合
相続の意があり、良い相続人を得る事が出来、大きな蓄財をなす事が可能となり ます。

▲凶相の場合
相続についてのトラブルが発生、借財が増え、家族衰退の運気が発生。
気候の変わり目による病気発生。

○吉方位の配置方位として
1.玄関 東左エリア、東右エリア、東南左エリア、東南右エリア、南左エリア、南右エリ ア、北西左エリア、北西右エリア 玄関ドアの開口中心線が、正中線、四隅線エリアがポイントされる事は、必ず避 ける。

2.トイレ 西左エリア、西右エリア、北西左エリア、北西右エリア、北左エリア、北右エリ ア 便器の排出口は、必ず正中線エリア、四隅線エリアを避けて設置する。

3.キッチン 東左エリア、東右エリア、東南左エリア、東南右エリア、西右エリア、北西右エ リア キッチン設備のシンク・コンロは、必ず正中線エリア、四隅線エリア内の設置は 避けることです。 生まれ十二支・方位の玄関、トイレ、キッチン設置は、必ず避けることが大切で す。

上記は吉方位としての配置です。曲解の無いようくれぐれも注意してください



家相入門-家相で起こる吉凶を知る 
新築・建て替え・マンション・リフォーム・間取り・プランの参考としてご利用下さい。
家相、風水