家相入門 > 家相間取りと吉方位ガイド > 賃貸アパート・マンションにも家相はある その3 


賃貸アパート・マンションにも家相はある その3


アパートマンションの家相

アパートやマンションのような集合住宅では、庭を持つことが出来ません。
そこで大切なことは、バルコニーやベランダを有効に工夫して庭として活用することが
大切です。

 可能な限り、居住空間を自然の環境状態に近づけたいものです。
家庭とは、文字が表しているように、住まいには自然のシンボルである庭が必要だということ
です。

 バルコニーベランダを庭と考え、可能な範囲で植物を置くようにして活用しましょう。
そして植物や土などの自然のエネルギー、大地のパワーを常に家の中に積極的に吸収するようにして家の中を活性化するようにしましょう。

前回に引き続き三合方位構相(トライアングル構相)の説明をします。

三合方位構相で凶相を吉相に


判別十二支方位

北 −子 東南−辰 西南−申

北東−丑 南東−巳 西 −酉

東北−寅 南 −午 西北−戌

東 −卯 南西−未 北西−亥


三合方位構相の種別

イ.木局三合方位構相−東、南西、北西

ロ.火局三合方位構相−南、東北、西北

ハ.金局三合方位構相−西、南東、北東

ニ.水局三合方位構相−北、東南、西南

図表を使った説明を、ホームページ内でもします。
併せてご覧ください。

◆東方位(卯年)生まれの人、 木局三合方位構相

 東の方位がもっとも大切なスペースとなります。
東に不浄なもの、湿気の発生するもの、そして欠けがありますと、マイナスのエネルギーの影響をかなり強くうけます。
したがって、このスペースをいかに清潔な状態を保つかが、大切なポイントになります。

そして、南西、北西の相合方位スペースの用途を大切にしてください。
サラリーマンの方には大切な三合方位になります。

◆東南方位(辰年)生まれの人 水局三合方位構相

 東南の方位がもっとも大切なスペースとなります。
この方位の影響を非常に強くうけますから、不浄なもの、その他良くないものを置くのは禁物です。

 そして、関係の深い方位は、西南、北の方位です。
これらの方位の影響も、強くうけますから、この方位のスペースは常に清潔に保つようにしておくことが大切です。
そうすることにより、平和な家庭を維持することが出来ます。

◆南東方位(巳年)生まれの人 金局三合方位構相

 南東の方位がもっとも大切なスペースとなります。
この方位にトイレ、浴室があるのは良くありません。
そして、関連のある大切な方位は、西と北東になります。

 もし、南東がトイレ、浴室等が設置されて悪いスペースの場合は、他の2方位のスペースを良くする方法をとってください。
つまり、西と北東スペースを良くすることにより、悪いスペースの影響をうけることが緩和されます。

◆南方位(午年)生まれの人  火局三合方位構相

 南の方位がもっとも大切なスペースとなります。
この方位に開口部いわゆる窓がないと、精神的な面に影響が出て不安定な状態になり、判断力が失われるようになります。

 明るい面が失われ、対人関係も良好でなくなります。
したがって、南面は常に明るくさわやかな状態にしておくことが重要なポイントとなります。

 そして関連のある大切な方位は東北、西北です。
この南、東北、西北の三つのスペースの状態でいろいろな問題が発生してきますから注意してください。

マンション情報サイトの紹介
マンションを購入−家相上のポイント
ベランダで使用する木製品



家相入門-家相で起こる吉凶を知る 
新築・建て替え・マンション・リフォーム・間取り・プランの参考としてご利用下さい。
家相、風水