家相風水・家相入門> 家相間取りと吉方位ガイド > インテリアで変わる運気−方位エネルギーの活用法 


インテリアで変わる運気−方位エネルギーの活用法

インテリアについて

家全体の家相から少し離れインテリアの工夫で良い方位パワーをうまく取り込む活用法を説明します。
 家相とは全く関係がないと思われるかもしれませんが、
家具などの備品の設置方位による、プラスのエネルギー上手な活用法について考えてみましょう。
 生活に密着した必需品にも、エネルギーがあります。
適切な場所におくことにより、そこによいエネルギーが発生します。
インテリアの工夫ひとつで方位のマイナスのエネルギー要素を断ち切ることができるのです。

1.寝室・ベッド

 生活の中で人生の約3分の1にあたる時間を過ごす場所が寝室です。
そしてベッド(寝具)の配置方向は各人の生活のリズムによって選んでください。
 朝早い会社勤務の人、学校に通学する人は東側にベッドを置き頭をできるだけ東、東南向きに寝ると良いでしょう。

 また反対に職業上朝起きる時間が遅い人は西側に置き、やや西北方向に頭を向けるとゆっくり眠ることができます。
 頭を北に向けるのは悪い方位とされていますが、神経的に疲れて眠ることが出来ないときには、頭を北に向けますとぐっすり眠ることが出来ます。ただし、常時北向きというのは避けてください。
精神的にイライラすることが多く、常時寝るのであれば、西枕にするのがよいでしょう。

2.家具

 洋服ダンス、和ダンス(クローゼット)を含めていえることは北、北東、北西の方位がよい位置です。

 子供の勉強机は北、北東、東の方位に設置し、南向きにすると良いと思います。この方位は静かに落ち着いて勉強することが出来る方位です。
 次にリビングテーブルは、東、東南、西の方位が良く、家族の和の雰囲気を作り上げてくれます。
子供さんが少しでも集中して勉強してくれないかと悩んでいる人が多いと思います。

 そのためには、次のようにしてみてください。
机の位置を北の方位に移動してください、この小さな移動だけで子供は机に向かうと不思議に集中力が、あらわれるようになります。
北は知的な作業に、最も適している方位です。

 北サイドに机を位置するだけで、北のエネルギーの良い影響を受けることが出来ます。
要するに、部屋内という小さなブロックであっても八方位が存在し一つの机の移動だけでも変わった効果が影響してくるということです。
 テレビはその目的である家族で楽しむということですので、東南、西、南の方位がよい位置です。
家族を融合させ、家族の和を深める効果があります。

3.固定電話、時計、カレンダー

 電話という設備の目的からして、良い方位は東、東南、北の方位です。
東方位は、にぎやかな語らい。北は名誉、情報の収集。東南は、信用、対人運上昇となり家庭の信用にもつながります。
 各自の個室に電話を設置する場合も、この方位にしてください、同効果の影響が表れます。
 次に掛け時計ですが、北西の方位がよいでしょう。天の方位であり、運勢を発展させてくれる方位です。

 カレンダーは、季節の移り変わり、月日の移り変わりを教えてくれるものです。
したがって再生、変化をあらわす北東の方位がよいでしょう。
 マンネリ化した生活に変化をつけたい、気分をリフレッシュさせたいと思えば、ソファー、机などを東サイドに移動させることです。
 
 そうすることにより今までと同じ部屋なのに不思議に新鮮な空間に生まれ変わります。
 視覚的変化が脳に刺激を与えるとともに、脳自体も勢いある東のエネルギー
で活性化されます。
 
 人間の日常生活は、マンネリにおちいりがちになります。
そういうときこそ部屋の模様替えをすることにより、身体や精神をリフレッシュさせましょう。



家相風水・家相入門 
新築・建て替え・マンション・リフォーム・間取り・プランの参考としてご利用下さい。
家相、風水