家相入門 > 家相間取りと吉方位ガイド >  自然素材

家相間取りと吉方位家相ガイド

自然素材

家相と自然素材について

自然の気の流れ(通気)により室内環境を大切とする家相では、住まいで不足す る自然のエネルギーの一部でも補完することは大切です。
先人の家は、気と土と石と紙でつくられていました。

高気密、高断熱の家は、快適に過ごすことができる反面、自然性が失われ、内装 材に良くない影響が発生する物質が含まれていると、その気が家中に充満します。

したがって、そのような心配がなく良気を発生する自然素材が大切となります。

通気と大きく関わりのある床材は、可能な限り無垢の木の床材とすることを勧め ます。
そのための費用は上昇しますが、環境浄化活生材と理解することです。

建築に使用する自然材料として
木の無垢材
漆喰仕上げ
珪藻土仕上げ(アクリル樹脂が含まれない物)
自然石(大谷石、十和田石、鉄平石など)
陶土系タイルなど

無垢の木を使用した場合、気温や湿度を調整する木の持つ機能があるため、ひび 割れすることもあります。
これは、居住環境を良好に保つもためによるものです。

適切な含水率を保った乾燥した木材であれば、その問題は少なくなります。
自然材料を使用する場合に、このようなことが発生しますが、使用する効果を 大きく理解することです。



家相入門-家相で起こる吉凶を知る 
新築・建て替え・マンション・リフォーム・間取り・プランの参考としてご利用下さい。
家相、風水