家相入門 > 家相間取りと吉方位ガイド >  ウッドデッキについて

家相間取りと吉方位家相ガイド

ウッドデッキについて

ウッドデッキ

自然の素材の中でも、無垢の木はその中心的な存在です。

 無垢の木は、強度や耐久性、断熱保温性、湿度調節といった基本機能は無論のこ とですが、自然が作り出した地場に対しての防菌、人の体及び心に健康をもたら してくれる効果があります。
ウッドデッキを設置することは、その機能により室内空間と戸外環境とをより良 く接合させる為に大きく良い効果を発生します。

 そして、無垢の木は生きているので自然に順応しやすく、自然の良くない影響が 人に作用しないよう防ぐため、変形変化することがあるということの理解は大切 です。
室内が戸外との良い関わりを持つためにも、接合用途としてのウッドデッキを活 用することです。
設置方位としては、東、東南、南エリアは活性気発生エリアにて特に大切です。
 そして、その効果が大きく発生します。 デッキ材として適合する無垢の木もいろいろあり、木の持つ色合いによる表情も 楽しみとなります。

 このように自然との関わる住環境づくりをし、自然と良い共生をすることが家相 では大切なこととなります。
自然の四季の変化を感じることが可能な生活を大切にし、機械による快適性のみ を追求する、自然を失った住環境ばかりにしないことです。
  室内の自然の通気もその一つとなります。 特に幼児は、この事を大切とし不感の人に成育しないことです。
自然の良い恵みを受けている人は、生命を保ちやすいという基本的なことを見失 わないことです。
無垢の木の涼気が良相を生む、これは家相を良相とする最も大切なことなのです。

関連項目−ウッドデッキについて



家相入門-家相で起こる吉凶を知る 
新築・建て替え・マンション・リフォーム・間取り・プランの参考としてご利用下さい。
家相、風水