家相入門 > 家相FAQ > 浴室・洗面


浴室周辺の補正

家相で重要なことは、凶相にならないようにすることです。
中心・宅心エリア内に、水回り(浴室・洗面)を設置するような計画は、必ず避けるべきですが、吉相とすることに、こだわりすぎると、にっちもさっちも行かなくなることがあります。

この場合、可もなく不可もない場所に設置計画し、支合通気が可能なように、小さくても良いので窓を設置します。その上で用途対策をする事で補正します。

補正のやり方は色々ありますが、老湿気が他の部屋に流出しないように、入浴後は排水処理をし、育生が可能なら小さな植物を置いたりします。
洗面室内には、備長炭など小さな小袋に入れ置き、浴室との出入口には綿製のマットなどを敷くことも良し。

ただし、家相を判断した上での補正ですので、これをやれば凶相が全て解決するわけではなく少しでも弱小とするためのもので、誤解しないよう十分お気をつけ下さい。



和紡布(オーガニックコットン)バスマット(生成)5枚重ね 手つむぎオーガニックコットン 和紡あら織りタオル 生成 和紡布 健康タオル 生成