家相入門 > 家相FAQ > マンションを購入する際の注意点


マンションを購入する際の注意点として

1.マンション選定−家相上の注意点

【分譲マンション選定について大切な方位事項】 家相から見たマンション選定について説明します。
マンションを選定する際の参考の1つとしてください。

1.居住階数について

シティマンションの場合、建物の多くは1階スペースに駐車場、ゴミ置場等、老廃気、老湿気が発生する施設が設置されています。したがって、3階以上で磁場の作用を受けることが可能な7階までの居住として選定する。

2.個別マンションの居住方位

全体芯から判断して、東、東南、南エリアが最も良方位。北東、北、南西エリアに位置するマンションは可能な限り避ける。

3.個別マンション形体相

欠けの形体となっているマンションは必ず避ける。玄関エリアの欠けは特に要注意。補正が可能な場合は良し。

4.マンションの陽射受向方位

東、東南、南エリアからの陽射が受けられることが大切。 (賃貸居住と異なり、永居住となり自然のプラスの影響を受けた居住が大切)

5.単体相

玄関:
欠け形体エリアおよび、南西、北東エリア設置は避ける。
トイレ:
宅心エリアに設置されている場合は避ける。
宅心エリアにその他水回りおよび、不浄物の用途が設置されていないこと。
以上の方位事項に問題がないマンションは、良相と判断できます。(通常の場合)

マンションの家相診断をおこなっています。費用はマンション1住戸:5千円となります。詳細はこちら

2.関連情報:マンション生活に便利な商品の説明
木製ブラインドは、特にマンションの形体補正として効果があります。

ウッドカーペットはカーペット感覚で敷いておくだけで、キズ防止になります。