家相診断 > 良い不動産物件の選び方


良い不動産物件の選び方

良い不動産物件の選び方

 気学では、九星象意と方位を適用することで、よくない物件を避け問題のない物件を購入するための判断となります。
大切なことは、物件の情報を初めて知った時期、つまり「いつ知ったか」と言うことです。
次に重要なことは、その物件のある方位です。

 土地は年盤、家屋は月盤を主として判断します。
年盤・月盤で、暗剣殺・五黄殺・水剋火殺・歳破・月破などの大凶方位にあたる物件は避ける。

 そして、本人の生まれ星が、家を建てたり買ったりするのに適している年で、吉方位にあたる方位の建設会社に依頼すること。
五黄殺、暗剣殺、歳破、月破の方位にある建設会社には依頼しない事。
また契約、購入したりする日は、その物件の日破殺方位にあたる日、契約者の本命日破殺日は避ける。

 これらのことは、最低でも吉凶の方位日として注意すること。



家相、風水