トップ > 上へ > ウッドカーペット



ウッドカーペット−床などのキズつき防止対策に

和室をフローリングにリフォーム

永年住む住宅を維持し、快適にするためにリフォームをまず考えます。
和室(タタミ部屋)の部屋を天然板張り(フローリング)にするのは大変なコストが必要となるため、一般的にはなかなか難しく、予算を下げるために合成(集成材)床材や樹脂シートを貼る事が多いようです。
 
実際、どのような素材のものを敷くのが理想といえば、自然の気の流れを大切にする、”環境”家相ではやはり、自然の気を主体としたものが最良です。

木製のフローリングの良気にふれる事で、人間が本来持っているプラスの能力に強い影響を与えてくれます。
  住まいで不足する、自然のエネルギーの一部を補足する効果もあります、
その結果、健康面がプラスになるのと共に、外部からの方位パワーと自然調和してスムーズに住み家内部に流通気させてくれ、良い影響が生まれます。

その様な意味からも、床材も大切な家相上の役割をする事になります。

あまり工事に予算をかけたくない場合、あるいは、工事ができない賃貸住宅のたたみ部屋でも、フローリングにすることができるのがウッドカーペットの良いところだと思います。
 また、賃貸マンションやアパートの床などのキズつき防止対策にもウッドカーペットは有効です。

木の殺菌効果により細菌・カビ・害虫を奇せ付けない作用があり、同時に人間の心を和ませる鎮静作用があります。
 ウッドカーペットは、衛生面からなど子供部屋やほこりが気になる部屋に向いています。
床、壁、天井の順に明るい色を使うのがウッドカーペットのポイントになります。


ウッドカーペットの種類
ウッドカーペットを買う(購入)ときの、値段・価格の参考にしてください。
将来購入される予定の方も、ウッドカーペットの価格・値段等の参考になると思います。

溝に沿ってカッターで切るだけでジャストサイズに早変わりする便利なウッドカーペット。
天然の防虫効果のあるひのきは、木目が美しく、清清しい印象。
ナチュラルな風合いで、どんなお部屋にもマッチします。

お部屋の雰囲気を変えるのはもちろん、最近は「床などのキズつき防止対策に」
というウッドカーペットを賃貸マンションにも利用でき、カーペット感覚で敷いておくだけで退去時も安心。
子供部屋やダイニングなどで使います。 シックなカラーを取り揃えたウッドカーペット
床の色が変わると、部屋の雰囲気もガラッと一変。
UV加工を施してあるので、日焼けけ対策も安心です。カッターナイフで手軽にカットして、お好みの大きさで使います。

コルクカーペット・コルクマット