続・地元のフェラリスタ


平成12年1月29日

ネットの威力はさらにすごいのである!
地元高松に更なるマニアが現れた。。マニア度200%である。。
納車情報は伝わってきていたのだが、このたび、ようやく拝むことができた。

   

1975年生まれの、Dino308 gt4である!!

   

なんと、25年も前のフェラーリ? いや、Dinoである。
NEKO社の『V8 Ferrari』誌によると、
初のV8エンジンを搭載したディーノ308GT4が発表されたのは’73年のパリ・サロンだそうである。
デザインは言わずも知れた、『ベルトーネ』!
右下画像のブーメランが堪りません・・・・
屋根の上の雨水はすべてここから吸い込まれて行きますねー (^○^)
水抜き穴はあるようですが、大丈夫でしょうか? キャブレター・・・・

vitaloniのサイドミラーには思わす合掌です。
コクピットと呼ぶにふさわしいインパネ、ホーンボタンはDinoマークから変更されてますが、居並ぶスイッチがこれまたかっこいいー

1時間ほど市内を3名乗車で徘徊いたしましたが、思ったより後部座席もつかえます。
あぐらを組んで座れば足の置き場所にも困りませんし、(短足だし!)この姿勢でも頭は天井につかえません・・・

大阪の有名ショップにて十分なレストアをなされており、非常ーに綺麗でした。(クロモン号より綺麗・・・)
エンジン調整もばっちりだし、フットワークもしなやか・・

Sさんは次の世代にこのクルマを残してゆくという、重大な使命を背負ったのでした。

戻る