実習について

実習について!


① 実習前には必ず領域ごとの学習を行うこと。

  必ずといいほど、指導者さんから質問されますので必ず予習・復習を行ってください。

② 実習態度について。

  不安な気持ちはあるかと思いますが、最初は誰でも不安なのです。

  スタートラインはみんな同じです。
  
  不安な顔で実習に挑むと、指導者さんからは『やる気がない』と思われます。

  質問されても、わからないことは必ず後から学習するようにしましょう。

 ③ 実習中
  
   必ず、ケアなど行うときは根拠を考えて実習しましょう。

   コミュニケーションを上手くとらなければ、患者さん、家族さんからも情報収集はできません。記録を書くときに困ります。

病院によっては電子カルテ・紙カルテがありますが、そこから情報収集するときには必ず指導者さんから許可をもらいましょう。
   
指導者さんや他の看護師さんは自分の仕事をしながら教えているので、バタバタしていないときに声をかけましょう。

     

 ④ 記録の書き方〈リンク〉※記録の書き来たの本も出ていますのでTOP画面のおすすめ本に載せておきます

 看護学実習で実習記録を無難にこなす3つの方法  
 実習記録って、なんのためにあるの? 書き方編でゴードン・ヘンダーソン 実習記録いい例・悪い例でゴードン・ヘンダーソン
 看護実習記録の苦手を克服しよう!