自然の色

ルリモンハナバチ2017

 鳥枯れの8月、ふと思い出したのが青い蜂ルリモンハナバチ。そろそろか、と行ってみたのが7月下旬。秘密の場所に行ってビックリ!ルリモンどころか花さえ咲いていない。  8月6日、これで3度目。アキノタムラソウの薄紫の花が咲いています(*^_^*) しばらく待つと・・・、出ました!(^^)! マクロレンズで追いかけるも、動きが速くなかなかピントが来ません。花に顔を突っ込んで蜜を吸っているシーンはなんとか撮れるのですが・・・
、br>  8月12日、5度目。ナントいきなり登場(^_^)v 撮し放題!(^^)! しばらくするともう1匹登場、さらに・・・。全部で4匹はいました(*^_^*) 色が白っぽいのもいたが、性差か個体差かは不明。

 黄色いのも2〜3匹見かけたが、スジボソコシブトハナバチというこれまた珍しいようだ。ルリモンハナバチが労働寄生するそうだ。両者は口の形がそっくりで、ラッパ状の花の蜜を吸うのに適している。

 今年は噂が広まったのか、撮影に来る人が多い。手持ち望遠で追いかける人、三脚に望遠の人、カップルで撮影している人・・・。みんな、お幸せに(*^_^*)

 
ルリモンハナバチ スジボソコシブトハナバチ 青い蜂、黄色い蜂


 ※京都府では絶滅危惧種に指定されている。ルリモンハナバチは、ナミルリモンハナバチが本名のようだ。

(2017/8/30、TAKA)

ルリモンハナバチ:2016|2017|
ハンミョウ:ピンポイントミラーボール金属光沢


トップページへ